書籍正誤表

レインボー療法メソッド 正誤表

※現在訂正箇所はありません。

JRC関節可動回復矯正法・公式マニュアル 正誤表

29ページ
■恥骨結合部矯正法の文章3行目
術者は右手で患者の右側上前腸骨棘部分を → 術者は左手で患者の右側上前腸骨棘部分を

■恥骨結合部矯正法の文章4~5行目
固定したまま、左手で患者の左上前腸骨棘 → 固定したまま、右手で患者の左上前腸骨棘

30ページ
■股関節可動法の伸展の説明部分2行目
股関節を内旋させると同時に → 股関節を伸展させると同時に

■股関節可動法の伸展の説明部分3行目
内側へやや圧をかけながら内旋へ可動 → 内側へやや圧をかけながら前方へ可動

34ページ
■下写真のように矢印を訂正

上肢を水平屈曲しながら、左3指で上前方に圧を加える
上肢を水平伸展しながら左3指で下前方に圧を加える

53ページ
■現在、初級講習会コース終了者を対象にした認定試験はなくなりました。また、認定者講習会は現在上級クラスという名称で開催されています。

78ページ
■「背部、胸部の疼痛と可動制限」の写真についた色の中で、頚椎7番と胸椎1番辺りの部分に黒色で塗られているが、紫色に訂正

72&84ページ
■ビッグワイズの電話番号が、移転の為変更となっております。
変更後 → 042-683-2760

84ページ
■田代接骨院の住所が、移転の為変更となっております。
変更後 → 〒321-0525 栃木県那須烏山市福岡651-3 (電話番号は変更なし)

レインボー療法・マニュアル2010 正誤表

76ページ
■ペンダントヘッドの写真 → ニュータイプに変更
2010年12月よりレインボーパワータイプ・ペンダントヘッドのデザインが変更となりました。旧タイプより安全面にこだわり、先端部をなくした事によってデザイン性に優れたオシャレなタイプとなっております。もちろん効果は今までと変わらず、先生方や患者様の心強い味方としてお役にたちます。

8ページ・20ページ
■レインボーテープ(丸タイプ)がリニューアル
2011年7月より、レインボーテープ(丸タイプ)が、従来のタイプよりもピースが若干小さくなり(直径22mm→18mm)、1シートに計12ピースと変更になりました。サイズと数量以外の変更点はございません。施術結果と皆さまの声を受けての改良となっております。

82ページ

■国際レインボー学会事務局(レインボーセラピー彩)は、終了致しました。
現在、施術に関するお問い合わせは、研修会場でのみ受付けております。

■レインボー療法のホームページアドレスが変更となっております。
新アドレス http://rainbow.bys.co.jp

ページの上部へ